スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイデムの派遣会社エールスタッフ

アイデムのグループ企業には、アイデムエールスタッフと言う派遣会社があります。
アイデムエールスタッフは、元々アイデムの中に昭和63年12月1日付けで派遣事業部ができたのが始まりです。
その後、平成5年に別会社として独立させ、アイデムエールスタッフが誕生しました。

本社は東京都新宿区にあるアイデムの本社ビル内、その他に横浜支店と大阪支店があります。

事業内容は、一般労働者派遣業と民間職業紹介事業となっています。

アイデムエールスタッフが派遣として取り扱っている主な職種は、デスクワーク・研究開発・販売・営業・軽作業・ファッション系・コールセンターなどです。

アイデムエールスタッフを利用するには、まず派遣登録をします。
派遣登録は横浜支店と大阪支店は支店内で、新宿は本社ではなく、新宿駅西口近くの登録会場で随時行っています。

派遣社員で働きたい方は派遣登録をし、社員での勤務を希望する方は紹介予定派遣や人材紹介の登録もしてください。

アイデムエールスタッフは、人材企業アイデムのグループ会社なので、アイデムのクライアント企業からの派遣依頼も多く、チャンスはたくさんありますよ。

スポンサーサイト

アイデム 転職:職選広場の正しい歩き方

アイデムが主催している合同企業説明会が職選広場です。

アイデムの職選広場は転職者も新卒の就活生も両方が参加OKのイベントなのです。

関東エリアでは有楽町の素敵なスペース・東京国際フォーラムなどで開催されています。

また名古屋では国際会議場、関西だと京都や大阪、神戸などの都市圏で職選広場が開かれています。

転職希望の方は、特に在職者だとなかなか転職活動に時間が取れなかったりしますよね。
でも、アイデム職選広場などの合同説明会であれば、複数の求人企業と短時間で面談できるので、時間を有効に使えます。

アイデム職選広場の上手な歩き方は、

■私服OKだが、できる限りキッチリとスーツで行く

■ガイドブックを見て、興味のある業種・職種をマークする

■ピックアップした企業の優先順位を決める

■決めた順番に企業ブースをまわる

■時間のある限りなるべく多くの企業の話を聞く

■できれば履歴書・職務経歴書を数セット持参していく

■興味を持った企業には後日自分から連絡を入れる

という感じです。
アイデムの職選広場は私服OK、履歴書不要が基本ですが、企業側から見るとキチッとスーツを着ている転職者の方が安心ですし、履歴書・職務経歴書をその場で渡すことができれば、その先のステップが早くなりますよ。

アイデムの職選広場は来場者プレゼントもあったりして、転職者にも楽しめるイベントですね。

アイデム 転職:職選広場に行きましょう

アイデムの職選広場って知っていますか?

広場といってもどこかにあるスペースではありません。
転職者や新卒者が直接たくさんの企業と面談ができる合同企業説明会のことです。

アイデムは地域密着型の転職・就職情報を発信する企業なので、この合同企業説明会「職選広場」もいろいろな街で開催されています。

他社の合同企業説明会は東京や名古屋、大阪、福岡などの大都市のみで行われることがほとんどなので、地方都市でも開催するアイデムの職選広場はありがたいですね。

アイデムの職選広場は、もちろん入場料無料で、ブースを出している企業全てと面談が可能です。転職希望の方は、転職者OKのブースに行ってアプローチシートという個人情報が書いたシートを採用担当者に渡します。その後は企業からの説明をそのブースで聞き、質問などのやりとりをしてまた別のブースへ行きます。時間はブースによって若干違いますが、大体10分から15分くらいですね。

もし時間があるならたくさんのブースをまわってみましょう。せっかくの機会ですから。頑張れば10社以上と面談可能です。履歴書はまだ要りませんから、気軽に回ってみてくださいね。

アイデムの職選広場には、それ以外にもキャリアカウンセリングやメイクアップ講座などのブースもあり、入場者へのプレゼントなどもあって行けば必ずトクになるイベントです。

開催情報はe-aidem(イーアイデム)から確認できるのでチェックしてみてください。

アイデム 転職:注目の情報

アイデム転職サイトe-aidem(イーアイデム)には、「注目の情報」というコーナーがあります。

このコーナーには転職に役立ついろいろな情報がバナーで載っています。
e-aidem(イーアイデム)のこの「注目の情報」に載っている情報は実は広告なんですね。

どんな情報が載っているかというと、内容はしばしば変わりますが、例を挙げれば、

「おすすめの在宅ワーク特集」では、在宅ワークの転職情報を紹介しているのではなく、在宅ワークにつながる資格やスキルを通信教育で学びましょうという通信教育講座のおすすめです。
転職したくても、子育てや家事など家庭の状況などで外に働きに出られない方にとっては、良い在宅ワークができたらいいですよね。

また、全国チェーンのスーパー(例えばイオン=ジャスコなど)がこのコーナーで求人を出していたり、その他にもカード会社などが全国で募集をかけていたりします。

アイデムのこのコーナーには「女性に人気の資格講座」という広告や、派遣会社からの派遣お仕事紹介なども良く載っていますね。

また、学生やフリーターに人気の日払いアルバイト情報なども紹介されています。

転職情報とはちょっと違うものもありますが、知識の幅を広げるには面白いアイデムのコーナーです。

アイデム 転職のコツ

アイデムを良く見ている方は、主に転職情報を見ているはずですが、もしお時間があればぜひ他のコンテンツにも目を通していただくことをおすすめします。

アイデムには転職者がタメになるいろいろなネタが掲載されています。

例えばe-aidem(イーアイデム)だと、お役立ち情報というコーナーがあり、転職者へビジネスマナーなどをお伝えする「ここで差がつくビジネスマナー」があります。
このコーナーは転職情報への応募から面接までに気をつけなければいけないビジネスマナーのポイントを教えてくれます。
電話のかけ方や履歴書・職務経歴書の書き方、面接中の注意点などをイラスト入りでわかりやすく書いてありますね。

また、その他にアイデムの転職お役立ち情報には、「知ってトクするしごと豆知識」というコーナーもあり、転職面接に役立つ情報がいろいろと書いてありますよ。

また、履歴書については「履歴書マニュアル」のコーナーで教えてくれます。アイデムの履歴書マニュアルに沿って履歴書を書けば、転職が初めての方も問題なく良い履歴書ができます。
このコーナーでは履歴書のダウンロードも可能なので、プリンターがある方は印刷すれば買わなくて済みますね。

アイデムで転職を成功させる

転職を成功させるためには、まずアイデムなどの転職情報誌や転職サイトで求人情報をたくさん見ることが大切です。

転職する理由は人それぞれです。例を挙げると、

■会社内の人間関係がうまくいかない

■仕事内容が自分と合わない

■仕事量や仕事内容に比べて給料が低すぎる

■残業が多すぎる

■お休みが少ない、全然ない

■希望していない部署に飛ばされた

■遠隔地への転勤を言われた

■会社が倒産しそうだ

など、いろいろな状況があります。

アイデムの転職情報を読むと、特にe-aidem(イーアイデム)には労働条件から福利厚生、社内の様子などが詳しく書かれてあり、ある程度の不安は解消できます。

ただ、アイデムに限らず、転職情報誌や転職サイトの求人は、企業がお金を払って作っている広告なので、あまりマイナスの情報は載せません。中には「決して楽なお仕事ではありませんが、やりがいはあります!」とか、「残業もありますが、サービス残業は一切なし!」などネガティブ情報を正直に書いている会社もありますが、ほとんどの会社はやはり良い情報ばかりです。

目安となるのは、同業他社との比較が一番です。
アイデムの転職情報を見ると、同じ業種や職種であれば、ほとんど給料とか仕事内容、待遇は似ています。今の自分の不安が全て解消する会社はなかなか無いという現実は認識してくださいね。

アイデム 求人情報のトラブル

アイデムにはたくさんの求人情報が掲載されていますが、すべての求人情報はアイデムの担当者が直接取材をして原稿を書いています。

ただ、絶対にトラブルがないかと言えば、やはりこれだけの求人情報があるとトラブルも時々起きているようです。

■求人広告と仕事内容が違う

■求人情報に載っていた給料と違う

■求人情報に載っていた休日や待遇と違う

■内定をもらってから条件が変わった

など、中にはいい加減とも言える企業からの求人情報もありましたね。

こういった企業は大企業ではなく、地方の中小企業に多いです。特にワンマン経営の会社はチェックをしっかりしないといけません。

もし求人情報と実際の条件が違う場合は、アイデムに相談してください。e-aidem(イーアイデム)のサイトの右上にある「ご意見・お問い合わせ」とクリックすると、メールフォームに飛びます。

また逆に転職希望者が起こしているトラブルも増えています。
e-aidem(イーアイデム)はWEB応募ができますが、簡単にエントリーできるため、架空の名前や住所を使ったり、他人に成りすまして応募したりする事例が出ています。

アイデムに求人情報を出す企業も、良い求人情報がないか探す求職者も双方が真剣ですから、水を差すことのないように正しく利用して欲しいと思います。





アイデムの求人情報:会社の様子を知る

アイデム、特にe-aidem(イーアイデム)で求人情報をチェックしていると、その企業の詳しい情報を見ることができます。

アイデムの場合、求人情報を作る時に営業担当がその会社へ取材に行き、いろいろと詳しく話を聞いて原稿を作ります。

求人を出したい会社に原稿作りを全て任せると、ウソの情報が多くなったり、、、間違いが増えたりする可能性があります。

アイデムのように取材をして原稿を作るスタイルであれば、偽の情報が出てくる可能性は非常に低くなるはずです。

とは言え、求人情報は「うちの会社にぜひ来てくださいね!」という宣伝ですから、基本的には良い情報ばかりで、ネガティブな情報はほとんど書いてありません。

それではどうやってその会社の内部を知ることができるかというと、最大のチャンスは面接です。

説明会を会社でやる場合も同じですが、やはりその会社に行くことで求人情報には書いていない内情が見えてきたりしますね。

社員の服装が乱れているとか、応対が悪いとか、社員同士の会話が乱暴だとか、動物の剥製やおかしな美術品などがたくさんあるとか・・・。

良い会社はシンプルで応対もスマートです。
社員同士のやり取りもフレンドリーながら丁寧ですね。

ちょっとおかしいなと思ったらやめた方が賢明です。

アイデム求人情報:紹介予定派遣特集

アイデム求人情報特集で、紹介予定派遣というのがありました。

紹介予定派遣というのは、社員で働きたいと思っている方のために、いったん派遣社員で働き、派遣期間終了後に社員として派遣先へ採用される制度です。
派遣先で認められれば社員に昇格できますし、もしダメでも派遣期間は満了したわけですから履歴書にキズは付きません。

派遣先企業にとっては、派遣期間内に人材レベルを判断できますし、派遣社員も社内の様子がわかりますから「入社したけどこんなはずじゃなかった。」なんてミスマッチは起きにくいはずです。

アイデムにも紹介予定派遣の求人情報は多数掲載されています。
今までは一般事務系が多かったのですが、最近はいろいろな職種で紹介予定派遣の求人情報を見ることができます。
例えば、

●営業事務 ●通関事務 ●看護師 ●設計 ●プログラマー ●WEBデザイナー ●企画・販促・マーケティング ●営業・企画営業 ●販売・レジ ●商品開発 etc・・・・。

これだけ求人情報があれば選択の幅は広がりますね。
アイデムの求人情報を見る時は、紹介予定派遣というキーワードも忘れずに確認してください。



アイデムの求人情報:第二新卒特集

アイデムには単なる求人情報だけでなく、様々な特集記事があります。

今回は「第二新卒特集」をご紹介します。
アイデムに限らず、最近はどの求人情報サイトにも、「第二新卒」という文字が目立ちます。

第二新卒とは何かというと、明確な定義はありませんが、ごく新卒に近い若手(20代前半から25歳くらいまで)というところです。
なぜこの第二新卒が企業から求められているかと言えば、大都市圏の景気上昇に伴う人材不足という背景があるからです。

経験と実績のある転職者はなかなか求人情報を出しても採用できず、人材紹介などを利用すると相当なコストがかかります。

それならば、新卒に近くて社会人経験の少ない、または経験の無い若手を採用し、育てていく方がいいだろうというのが第二新卒採用の戦略ですね。

アイデムの第二新卒特集に出ている求人情報を見てみると、やはり「未経験の方、大歓迎!」などという宣伝文句が多いです。職種としては営業と販売職が目立ちますが、WEBデザイナーや研究開発などの技術系の求人情報もありますよ。

ニートやフリーターの方も、第二新卒というカテゴリーに入るならチャンスは結構増えますね。




アイデム おもしろ仕事情報

アイデムを見ていると、時々「面白そう!」と思える仕事情報があります。

面白そうと言うのは、例えばあまり求人が出てこない仕事情報とか、珍しい仕事情報のことです。

例えば「未経験からなれるセラピスト」なんて学校に行く時間やお金もない方にはありがたいお仕事情報ですよね。

また、「紹介予定派遣からの研究開発業務」などは、なかなか最初から研究開発に正社員で入ることが難しいのでチャンスです。

変わった求人では「豚の飼育スタッフ」や「農作物の収穫スタッフ」などがあります。農業に興味があったり、将来独立して農業をしてみたい方には良い勉強になりますよ。

パソコンと英語の両方が得意な方は、「英語のソフトで画像編集」なんて仕事情報もあります。ナント月収が20万以上軽くいっちゃうらしいです。アルバイトなのに・・・・。

本が大好きな方は書店での販売職といったお仕事情報もありますが、それよりも落ち着いて働けそうな「公共図書館のスタッフ」というお仕事もありました。
あまり忙しさにあおられることなく、本の知識を深められます。

アイデムのお仕事情報は毎週更新されるので、常にチェックしてくださいね。



アイデムの仕事情報を見てWEB応募!

アイデムで良い仕事情報を発見したら、まずはいろいろと会社のことや仕事のことを調べながら応募の準備をしましょう。

アイデムの仕事情報に応募するためには、まず履歴書と職務経歴書を用意します。
応募してからあわてて書類を用意しても、間に合わなかったりキチンと書けなかったりしますから、できれば早めに履歴書や職務経歴書は用意してくださいね。

さて、アイデムの仕事情報から簡単に応募できる方法があることをご存知ですか?

各求人情報の画面に「WEB応募する⇒」というボタンがあります。そのボタンをクリックすると個人情報に関する承認画面があり、その後にWEB応募の入力画面と変わります。

「氏名・住所」「希望職種・時間等」「自己PR・備考等」「希望連絡方法等」をすべて記入し、クリックするとe-aidem(イーアイデム)へその個人情報が届きます。その後に仕事情報を出している会社から連絡が来ます。

アイデム 仕事情報の詳細チェック

アイデムには折り込み広告の「しごと情報アイデム」や、フリーペーパーの「ジョブアイデム」「シティアイデム」そしてインターネットのe-aidem(イーアイデム)がありますが、仕事情報が一番詳しく出ているのはやはりe-aidem(イーアイデム)ですね。

どうしてもジョブアイデムだと誌面に限りがあるので、小さな広告では仕事情報を詳しく書くことができません。

その点、インターネットのサイトでは、ある程度枠に自由がききますから、採用情報から会社の様子、実際に働いている人の紹介など詳しい仕事情報が掲載できます。

例えば東京での仕事を希望しているのであれば、23区をクリックすると23区の一覧が出ます。新宿区が希望なら新宿区にチェックを入れます。複数の区にチェックも可能です。

そこで出た仕事情報一覧をチェックしてもいいですし、職種でもっと絞ってもいいでしょう。仕事情報の一覧には社名と簡単な情報しか書いていないので、「詳細を見る」ボタンを押してください。
するとその会社の仕事情報などが詳しく出てくるので、隅から隅までしっかりとチェックしてくださいね。



アイデムの仕事情報:カンタン検索

アイデムにはいろいろな仕事情報が掲載されていますが、例えばe-aidem(イーアイデム)というインターネットサイトで仕事情報を見てみましょう。

e-aidem(イーアイデム)には、正社員・契約社員・派遣社員・パート・アルバイトといういろいろなワークスタイルの仕事情報が紹介されていますが、もしワークスタイルが決まっているのであれば、まず働きたいワークスタイルの仕事情報に絞りましょう。

例えば社員になりたいと思っている方は、「転職」というタグをクリックすると、社員採用の仕事情報トップページに飛びます。

そこから先は営業とか一般事務、販売など希望の職種検索をしたり、勤務地や路線検索をかけたりできます。
また給与形態やフリーワード検索も使えます。

e-aidem(イーアイデム)お得意のネコタコMAPで仕事情報ダイレクト検索も面白いですよ。

派遣に興味がある方は「派遣」のタブ、パート希望の方は「パート」タブ、そしてアルバイトを探している方は「アルバイト」のタブをクリックして、その後は社員検索と同じように仕事情報の条件を絞っていきましょう。

アイデムで仕事情報を探そう

アイデム仕事情報をいろいろな媒体で発信している人材系企業です。

新聞の折り込み広告として、細かくエリアを分けた地元密着型の仕事情報を掲載しているのが「しごと情報アイデム」です。

また、求人広告専門のフリーペーパーとして毎週発行され、駅やコンビニ、スーパー、書店などにラックで設置されているのが「ジョブアイデム」や「シティアイデム」ですね。

その他には関連会社で人材紹介を担当している会社が「アイデムエキスパート」、派遣のお仕事を担当しているのが「アイデムエールスタッフ」という派遣会社です。

また企業から直接仕事情報を聞くことができ、その場でいろいろな話もできる対面型の就職イベントが「アイデム職選広場」です。これは一般的に言われる「合同企業説明会」ですね。

アイデムの良さは、狭いエリアに限定した仕事情報が多いということです。住んでいるエリアに近いお仕事情報は、例えば新聞を毎日読んでいる方なら、折り込み広告で「しごと情報アイデム」が手に入ります。
勤務地の近い仕事情報が満載です。

e-aidem(イーアイデム)というインターネットサイトは、パソコンや携帯で仕事情報を見ることができるので便利です。

e-aidem(イーアイデム)で多い求人

-aidem(イーアイデム)に掲載されている求人で多いのはどんなお仕事でしょうか。

e-aidem(イーアイデム)には正社員から契約社員、派遣社員、パート&アルバイトまで様々なワークスタイルの仕事が載っています。

パート&アルバイトのお仕事は、やはり接客業が大多数を占めていますね。スーパーや飲食店、その他販売のお仕事が多いです。
ただ、最近はオフィスワークの求人も特集を組んでいたり、日払いワークもあったりしてバラエティに富んでいますね。

e-aidem(イーアイデム)では、パートのコーナーとアルバイトのコーナーに分かれていますが、そもそもパートとアルバイトってどこが違うのでしょうか?

実は定義はあいまいなのですが、一般的には

パート ⇒ 社員よりも短時間の勤務が主。継続的な勤務を希望。

アルバイト ⇒ ある一定期間の勤務を希望。いずれ辞める時期が来る。

というニュアンスです。要するに、社員としては働かないが、できれば長く働きたい人をパート、学生などでいずれは退職することが決まっているが、働ける期間は働きたいというのがアルバイトというわけですね。

e-aidem(イーアイデム)での社員の求人は営業系の募集が多いですし、派遣社員はやはり事務系が中心になっています。

e-aidem(イーアイデム)で転職成功!

-aidem(イーアイデム)に掲載されている求人情報は、大都市に集中している他の転職サイトと違って、大都市近郊の小さな市町村にある会社からの求人も多く出ています。

なぜかというと、アイデムは新聞の折込求人広告から始まった会社なので、地元密着型の求人情報に強いからです。

e-aidem(イーアイデム)に求人を出している会社の多くは中小企業ですが、その地元ではしっかりとした基盤を持った会社も多いですね。

農産物などでは「地産地消=地元で取れたものを地元で消費する」ということが良く言われていますが、e-aidem(イーアイデム)の求人もそれに近いですね。

地元の企業が、地元に在住する良い人材を採用するという戦略です。

転職する時にチェックする点として、

■給料その他待遇

■勤務時間や休日

■業種と職種

■勤務地

などがありますが、やはり勤務地は重要なファクターです。
家族のいる方や、持ち家の方は転勤もあまりしたくないということもありますよね。

e-aidem(イーアイデム)の求人は地域密着の会社も多いので、転勤がない仕事も多数ありますから、その点でも嬉しいですし、満員電車に1時間以上揺られていくよりは、家から徒歩とか自転車とか車で10分なんてところに会社があったらそれだけでも心に余裕ができますよ。

e-aidem(イーアイデム)のライバル

-aidem(イーアイデム)は転職・就職サイトですが、その他にもライバルになるサイトはたくさんあります。

転職サイトだとリクルートの「リクナビネクスト」や「とらばーゆ」がありますし、その他では「エンジャパン」も有名ですね。「マイナビ転職」や「イーキャリア」などもあります。

また、パート・アルバイトサイトでは「フロムエーナビ」や「ショットワークス」「バイトルドットコム」などがあります。

どのサイトも人材業界の大手や中堅企業が力を入れているサイトなので、差別化をしないとe-aidem(イーアイデム)も消えていく運命に・・・・。

e-aidem(イーアイデム)のウリとしては、地域密着の新鮮な求人情報をたっぷり見ることができるという点でしょう。

求人を出す側としては、リクナビネクストやエンジャパンなどのメジャーなサイトは広告費がとても高いので、ある程度知名度のない会社でないと人が集まらない=広告費が無駄になるというリスクがあります。

その点、e-aidem(イーアイデム)は地域密着型求人情報のポータルサイトなので、比較的リーズナブルな広告費で利用することが可能なのです。

e-aidem(イーアイデム)の上手な使い方

-aidem(イーアイデム)にはたくさんの求人情報がエリア別に掲載されています。

e-aidem(イーアイデム)を上手に利用するためには、まずe-aidem(イーアイデム)会員に登録しましょう。
e-aidem(イーアイデム)会員の登録や会費は無料ですから、安心して登録してくださいね。

その後は、登録したメールアドレスに、e-aidem(イーアイデム)から希望する条件に合ったお仕事情報が送られてきます。
新しい求人情報もこうすれば漏らさずにチェックできますよ。

私のe-aidem(イーアイデム)お気に入りコンテンツは、地図での仕事検索です。このサイトではなぜかネコタコMAPと言うらしいですが(タコの足をしたネコがマスコットです・・・・)、日本地図で見たいエリアをクリックすると県名に別れたMAPが出ます。その後、県名をクリック⇒仕事を探したい市町村をクリックと進むと、求人のある企業の情報が地図上に表示されます。これはわかりやすくて面白いですよ。

e-aidem(イーアイデム)には様々なワークスタイルの仕事が紹介されていますが、在宅ワークについては掲載をしていませんね。



アイデムにe-aidemあり

アイデムは折り込み広告とかフリーペーパーのイメージが強いですが、そういったエリア限定の求人情報を集めたインターネットサイトも作っています。

その求人サイトの名前は「ーaidem」です。

e-aidemには社員で働く求人情報から、派遣のお仕事、パートのお仕事、アルバイトまで幅広く紹介されています。

ジョブアイデムで紹介されているエリア限定の企業情報も、e-aidemなら検索することが可能です。住んでいるエリアと働きたいエリアが離れている場合もこれなら大丈夫ですよね。

e-aidemでのお仕事検索には、社名を入れたり商品名を入れたり店名を入れたり職種を入れたりして探す「フリーワード検索」や、雇用形態(正社員とかアルバイトとか)で探す「ワークスタイル検索」、地図からエリアを選んでいく「スクロールマップ検索」があります。

e-aidemには携帯サイトもあるので、空いた時間でのお仕事探しにも便利ですよ。

ジョブアイデムとe-aidemをうまく使い分けて素敵なお仕事探しをしましょう。




ジョブアイデムの特徴

ジョブアイデムは地域密着型の求人情報フリーペーパーですが、いろいろな特徴があります。

■エリアを限定し、そのエリアだけの求人情報をメインに掲載している

■様々な雇用形態の求人を一括で掲載している(社員からアルバイトまで)
■メインターゲットはそのエリアで働きたい20代~30代の求職者

■オールカラーの誌面作りと求人情報の多さがウリ

■毎週発行なので求人内容が新しい

■希望する方には無料でジョブアイデムを宅配(首都圏版のみ)

■求人情報は企業任せにせず、アイデムの担当者が企業へ取材に行って求職者の目線でわかりやすい求人内容を作成している

ジョブアイデムを読むとわかりますが、特集記事になっている企業情報などはとても社内の様子とか仕事内容がよくわかるので、「この会社働いてみてもいいかも。」と思ったりします。

その他の求人も狭いスペースにギッシリと情報が詰まっていて、逆に仕事選びを迷う時もありますが、やはりこれだけの求人を無料で手に入れることができるジョブアイデムはありがたい存在ですね。



ジョブアイデムの仲間:シティアイデム

大阪にはジョブアイデム西日本エリア版とは違う「しごと情報シティアイデム」というフリーペーパーがあります。

しごと情報シティアイデムの特徴としては、大阪市内で働きたい人のために、大阪市内の求人に特化した情報を掲載しているということです。

シティアイデムには、ジョブアイデムの求人情報と同様に、正社員から契約社員、派遣の仕事、パート・アルバイトまで幅広い雇用形態と業種・職種が紹介されています。

大阪中心部へ向かって通勤する人たちをターゲットにしているので、大阪市郊外から中心部までの幅広いエリアにある駅や駅周辺のコンビニなどにラックを設置してシティアイデムを置いています。

ジョブアイデムとシティアイデムの差はどんな点かというと、ジョブアイデムはより狭い範囲の求人情報を掲載していて、シティアイデムの方は大阪市全域をカバーしているというところです。

大阪近辺で仕事探しをする際は、ジョブアイデムとシティアイデムの両方を利用するといいですよ。

ジョブアイデム西日本版

ジョブアイデムには関西、東海、山陽、福岡で発行される西日本版があります。関西にはその他に大阪市内の仕事情報に特化したシティアイデムというフリーペーパーも発行されています。

誌面はジョブアイデム東日本エリアと同様にオールカラー編集で、1週間に1回の発行です。

ジョブアイデム西日本版は、発行しているエリアでの求人情報がメインなので、働きたいエリアに設置されているジョブアイデムを見れば、ダイレクトに求人情報を探すことができますよ。

例えば名古屋に住んでいて名古屋で働きたければ、ジョブアイデム東海版の名古屋エリアを読めばいいですし、広島に住んでいても福岡で働きたいと思えば福岡で発行しているジョブアイデムを手に入れればいいわけです。

住んでいるエリアに近い求人情報をジョブアイデムで探すのは簡単ですが、離れたエリアの求人情報を手に入れるためには、そのエリアのジョブアイデムを見ないといけないのでちょっと大変だと思います。
ただ、アイデムにはe-aidemという求人サイトもあるのでそちらで検索すれば一発で見つかります。



ジョブアイデム首都圏版・関東地域版

求人情報のフリーペーパー「ジョブアイデム」はエリア別に細かく分かれて発行されるのが特徴です。

東日本エリアでは、ジョブアイデム首都圏版という都心を中心に首都圏を広くカバーしたフリーペーパーと、東京、神奈川、千葉、栃木、茨城、群馬、静岡を生活圏ごとに細かく分けた22の地域版があります。

なぜジョブアイデムがこれだけ細かくエリア分けをしているかというと、他の求人広告との差別化をしているからなのです。

多くの転職情報は雑誌や折り込み広告などの紙媒体からインターネットのサイトへと移っていきましたが、アイデムはその逆を行き、新聞の折り込み広告で地域密着型の求人情報をメインとしてきました。今でも「しごと情報アイデム」という折込広告はアイデムの主力商品です。

住んでいるエリアに近い求人情報を社員からアルバイトまでジョブアイデムに幅広く載せることで、企業としては効率の良い人材確保ができ、転職希望者としては通いやすい企業への転職が可能になります。

ジョブアイデム首都圏版は無料で宅配もしてくれるので便利です。

アイデムと言ったらジョブアイデム

アイデムは、仕事情報をインターネットやフリーペーパーなどで発信する求人広告企業です。

ジョブアイデムは、求人情報を掲載するフリーペーパーのことで、大きく分けて東京を中心とした首都圏版と、関西・東海・山陽・福岡で発行される西日本版があります。

ジョブアイデムは1週間に1回発行するフリーペーパーで、毎週月曜日に発行されます。(山陽・福岡は毎週土曜日発行)

ジョブアイデムが手に入る場所は、JRや私鉄、地下鉄などの各沿線にある駅やスーパー、コンビニエンスストア、書店、学校、ファミリーレストランなどで、専用のラックなどに置いてあります。

オールカラーなので求人情報も見やすく、正社員から派遣社員、パートアルバイトまで幅広い採用情報が掲載されているので便利です。

ジョブアイデムは発行日に駅前などでサンプリング配布をしていたり、首都圏版は希望すると無料で宅配も可能です。

誌面内容は求人情報がメインですが、その他にも転職に役立つ情報や採用担当者からの裏話、誌上転職カウンセリングなどもあって読み物としてもためになりますよ。

転職を考えている方で希望勤務エリアが決まっている方は、ジョブアイデムをぜひ読んで見てくださいね。


 | ホーム | 

 

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。